美容専門学校への進学!美容師になりたい人に役に立つノウハウを詳しく紹介

当サイトは美容専門学校への進学を希望している人にお勧めの情報を解説してます。
美容師になりたい人に役に立つノウハウを詳しく紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。
美容の専門学校で受けられる体験学習に関しても触れているサイトです。
さらに美の容専門学校によって異なる主要な就職先も解説しています。
美容のプロを目指して学校選びをするのなら、これらの情報を押さえて自分に合った勉強の出来るところを見つけることをおすすめします。

美容専門学校への進学!美容師になりたい人に役に立つノウハウを詳しく紹介

将来は美容師になりたいと考えている人もいるのではないでしょうか。
そのような場合には、美容専門学校を利用して知識を付けるとともに資格取得を目指すのがおすすめです。
美容専門学校に進学すると、美容師を目指す人に役立つノウハウを知ることができます。
カットやパーマ、ヘアセットなどの基本的な技術を知ることができるほか学校によってはネイルやエステの知識も身に着けられることもあります。
美容専門学校は就職先の関する情報も得やすいので、卒業後の進路選びにも役立つでしょう。

美容専門学校のコースとそれぞれの特徴

美容専門学校は様々な美容に関する技術や知識を習得し、美容師や理容師の資格取得を目指したり、その他民間資格取得を目指す美容学校です。
美容専門学校では美容業界で活躍できる職種に応じてコースを用意しており、美容師・理容師学科ではカットやシャンプー、ヘアカラーやパーマ、ブローの技術を授業を通じて学べます。
この学科では最終的に国が定めた美容師国家試験や理容師国家資格の取得を目指せることが特徴です。
美容専門学校では他にもエステティシャンやネイリストを目指せるコースもあり、はエステサロンにおいて手や機械を使用し、お客様の肌や体型を綺麗にしたりケアするための技術を学び、在学中に民間試験に挑戦することができます。
ネイリスト学科では爪のケアや形を整え、ネイルポリッシュやジェルネイルでネイルアートを行うネイリストを目指します。
学校によってはネイルやエステ、メイクやまつげエクステなど美容に関する幅広い知識と技術が学べるトータルビューティー学科や、ブライダル業界で活躍するために必要な必要な知識と技術を学ぶブライダル学科もあります。

美容専門学校で美容師免許を取得する流れ

美容師免許を取得するためには、美容師法に基づいて都道府県知事が指定した養成施設で必要な教育を受け、その後国家試験に合格しなければなりません。
養成施設は全国各地にあり、通常は美容専門学校やヘアメイク専門学校、ヘアビューティカレッジなどといった名称が用いられています。
美容師を目指す人は、まず高校を卒業、もしくは大学入学資格検定試験に合格したあとに、自宅から通いやすい場所にある美容専門学校に入ります。
昼間・夜間課程を選択した場合は少なくとも2年、通信課程を選んだ場合は少なくとも3年、美容専門学校で勉強し、課程の最後に実施される卒業試験に合格すれば専門学校を卒業することができ、美容師国家試験の受験が可能になります。
合格すれば美容師名簿への登録手続きができるようになり、登録を受ければ免許が交付されます。
卒業間際に受験する国家試験に合格すると、卒業後すぐ美容室で仕事をはじめることができます。
不合格だった場合、美容師国家試験は年に2回実施されているので、比較的早期に再受験することが可能です。

美容専門学校で履修する科目の種類

美容師およびエステティシャンとなるべく、美容専門学校ではさまざまな科目を履修します。
必要な知識を習得する学科や美容機器の取り扱いや方法を学ぶ技術理論、業務に関わりのある法律・規則の学習やサロン運営に必要な経営学が該当します。
また環境衛生や消毒の方法など衛星に関する知識、人体の構造・機能や皮膚および毛髪についての知識も欠かせません。
化粧品の成分や美容機器の構造・特性を学んだり、美容のテクニック・歴史を学ぶなど美容専門学校では総合的な知識・技が得られる場所です。
講義だけでなく、実技科目も充実しているのが専門学校の特徴です。
美容師に必要とされる技術を習得する実技の授業から始まり、髪の毛のセット・カットや洗髪など国家試験の対策を行ってくれる専門学校も多く存在します。
ブラシの扱い方や基本的なピン留め方法、髪染めのカラーリングの知識やメイク技術の習得など実に多彩です。
学校によっては国家試験対策の他に、学内コンテストなどの催しが開催されるところもあります。

美容専門学校の卒業までにかかる費用

美容専門学校を卒業するまでにかかる費用として、まず考えておかないといけないのが学費です。
美容専門学校は朝から夕方まで授業を受ける昼間、夕方から夜にかけて授業がある夜間、定期的にスケーリングを受けるだけで毎日、学校に通わなくて良い通信という3つの課程に分かれています。
この各課程ごとに学費が異なるので、入学前に確認しておくことが大切です。
昼間課程の相場は200万円~300万円、夜間で数十万円~100万円、通信で60万円~70万円となっています。
このように学費は課程によって大きな差があるので、カリキュラムなどの他にこの点も比較して学校を選びましょう。
通信の場合、定期的に通うことになるスケーリングのための交通費や、教材費など消耗品にかかる費用を別途支払う必要があるようです。
このような金額がプラスされることを、通信課程を選択する場合は覚えておく必要があります。
また美容師の資格を卒業までに取得する場合は、受験のため2万5,000円ほど支払うことになります。

美容専門学校に入学するメリットと選び方とは

美容専門学校は、美容関係の仕事につきたいという人に向いています。
美容と一言で言っても職業はさまざまなものがあります。
美容師・ネイリスト・メイクアップアーティスト・美容部員・エステティシャン・アロマセラピストなどが挙げられますが、職業によっては進学は必須です。
美容師など資格が必要ですので美容専門学校をはじめとした、美容関係の学校に通う必要があります。
その他にも通うメリットとしては、専門的な知識が得られるということが挙げられます。
美容用品の物理的な視点やお客さまに薬剤を使う時の注意点や正しい使い方、皮膚・毛髪・靭帯の仕組みや機能などのほか、衛生管理や関係法律なども学べます。
きちんと学ぶことによって、自分のスキルを高めることができ、美容関連の求人が多く集まってくるため就職先が広がり学校もサポートしてくれます。
学校を選ぶ際には、課程・カリキュラム・就職支援体制や実績などをチェックして、学校見学などに行ってみることが良いとされています。

美容専門学校へ通う生徒の年齢層は何歳か?

美容専門学校では、美容師の資格取得を目指したり、ヘアメイクやネイリストなどの仕事に就きたいと考える生徒たちが学んでいます。
生徒の年齢層については、18歳から20歳くらいが中心です。
高校を卒業してから、美容専門学校へ進学する生徒が多いようです。
中には、ほかの大学や専門学校を卒業してから、美容専門学校へ入り直す生徒もいます。
社会人を経験してから、もう一度専門学校に入って基礎から美容美術を学ぶという生徒も珍しくありません。年齢制限を設けていない学校がほとんどですので、やる気さえあれば、年を重ねてからでも美容専門学校へ入学することは可能です。
少数派ではなりますが、30代や40代や50代の生徒もいます。
夜間の専門学校は、高齢の方も多いようです。
男女比は、女性の方が多い傾向となっており、全体の7割を占めています。
このことからも、美容師やヘアメイクの仕事は若い女性たちの間で人気が高い職業だということが伺い知れます。

美容専門学校は進路のことも考えて決めよう

高校卒業後は美容専門学校に進学しようと考えている方が多くいると思われます。
美容師やエステティシャンなどの美容系の仕事をしたい方にピッタリです。
専門的な知識とスキルを身につけることができるので、即戦力として就職することができます。
国家試験受験のためのサポートもしっかりしていて、合格率がかなり高いことも特徴です。
美容専門学校であればどこでもいいわけではなく、よく比較して自分に適したところを選ぶことが大事になります。
講師の質や取得できる資格、設備の充実度に加えて、進路のことも考えて決めるべきです。
美容系の就職先が少なくて、勉強していたことと全く違う仕事に就職している人が結構います。
美容専門学校で勉強するのであれば、就職先が十分にあるところを選ぶことが重要です。
学費の安さだけで決めてしまい、就職する際に後悔することになってしまっては意味がないです。
実際に通っていた人の意見も参考にして、自分に適し美容専門学校なのか見極めてください。

美容専門学校は優れた講師が在籍していることも重要

美容業界で働くために、美容専門学校で勉強しようと考えている方が多くいると思われます。
専門的な知識とスキルを身につけることができますし、国家資格の合格率も非常に高いので賢明な選択です。
美容専門学校を選ぶ際に重視するべきポイントがいくつかあります。
一つ目は講師のクオリティです。
その分野での実績が豊富で、教え方も上手い優秀な講師が在籍しているところで学ぶことをおすすめします。
教え方が下手だと必要なスキルを身につけることができない可能性があるので注意してください。
2つ目は進路についてです。
自分がやりたい仕事の就職先が多く用意されていることも見逃すことができません。
美容専門学校によっては全く別の仕事をすることになったケースがあるので、就職先は必ずチェックするべきです。
学費の安さだけで決めてしまうと、後悔する結果になる可能性が高いです。
安く抑えられるのは魅力ですが、スキルが身に付けられたり、自分が本当にやりたい仕事ができることが大事です。

夜間タイプの美容専門学校に通うことのデメリットについて

国内にはいろんな職業を目指せる専門学校がたくさんあります。
ヘアメイクアップアーティストを目指す場合は、美容専門学校に通って必要な技術と知識を身に付けることになります。
この美容専門学校は昼間だけでなく夜間教室というスタイルでも通うことができ、昼間はアルバイトなどをなさっている方でも問題なく通えるのがメリットです。
しかし、昼間とは異なって学べるカリキュラムが少ないというデメリットも存在するのが実情です。
そこでここでは、夜間タイプの美容専門学校に通うことのデメリットに焦点を当てていきましょう。
まず先述をしたように、授業の数が少ないのがあげられ、1日90分しか講義がありません。
卒業単位のギリギリのコマ数となるので、より深くカットやメイク術を身に付けるのが難しいといえます。
そして合宿などの行事もおこなわれないので、ほかの学生と意見交換をしたりすることもできません。
しっかりと学ぶには昼間に通うのが望ましいです。

美容専門学校に関する情報サイト
美容専門学校のノウハウ

当サイトは美容専門学校への進学を希望している人にお勧めの情報を解説してます。美容師になりたい人に役に立つノウハウを詳しく紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。美容の専門学校で受けられる体験学習に関しても触れているサイトです。さらに美の容専門学校によって異なる主要な就職先も解説しています。美容のプロを目指して学校選びをするのなら、これらの情報を押さえて自分に合った勉強の出来るところを見つけることをおすすめします。

Search